群馬は滝がすごい!マイナスイオンを感じよう!!

提供:photoAC

群馬に滝あるの…?と思われるかもいるかもしれませんが、意外にも群馬県は滝が多い!今回は厳選していくつかご紹介したいと思います!

吹割の滝

提供:photoAC

吹割の滝は、高さ約7メートル、幅約30メートル。滝では珍しい横に長い滝で、その様から『東洋のナイアガラ』と呼ばれています。もちろん本物のナイアガラの滝に比べれば物足りない部分はありますが、近くに行くとなかなかの迫力があります。遊歩道では上から見下ろせる場所もありますので、そこからの景色もまた違う魅力があります。

白水の滝

提供:photoAC

こちらの白水の滝は多野郡神流町にある滝になります。決して大きな滝ではないですが、絶壁から苔の上を流れる白い水はとても癒されます。

提供:photoAC

梅雨明けに行くと、水の量が少し多くなっていることもあり、普段よりきれいな景色がご覧になれるかと思います。

浅間大滝

提供:photoAC

長野県の軽井沢に近い長野原町というところにある浅間大滝。高さ約10m、幅約4m。写真からも伝わる、水量と勢い。ぎりぎりまで近づくこともできる為、滝しぶきを浴びながら、マイナスイオンを全身に感じることが出来ます。

魚止めの滝

提供:photoAC

こちらの魚止の滝は、上で紹介した『浅間大滝』の程近くに位置しています。落差はあまりありませんが、横に広い滝になっており、3段からなる岩の上を流れてきます。こちらも近くまで寄ることができ、浅間大滝とは違った魅力がありますので、併せて行くことをお勧めします。

黄金の滝

提供:photoAC

『おうごんのたき』と読みがちですが、『こがねのたき』と読みます。吾妻郡中之条町にあるこちらの滝は、金色の岩盤に囲われた滝で、落差は約3mと小さな滝ですが、山奥にある為、観光客もあまり訪れない穴場の滝となっています。足場がかなり滑りやすくなっているので、滝つぼ近くまで降りる際は、滑りにくい靴をお勧めします。

嫗仙の滝

提供:photoAC

草津町にある嫗仙の滝。草津町といえば、温泉街として有名ですが、そこから車で約10分+徒歩約20分ほどで行くことができます。落差約25m、赤い岩肌に白い水が流れる様は、他の滝では味わえない感動があります。赤い岩肌は、白根山の噴火によってできたものと言われています。道中は険しい道もあるので、サンダルなどではなくスニーカーなどの動きやすい恰好をお勧めします。


いかがでしたか?                                    群馬県はこのほかにもぜひ訪れて欲しい滝がたくさんありますので、美しい自然の中で、ぜひマイナスイオンを感じ、涼んでください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました